介護師になるには資格が必要|高齢化社会に救いの手を

治癒能力を発揮させる資格

男性

資格取得と活躍

打撲や捻挫、脱臼や骨折などのトラブルに対して治療を施す柔道整復師は、手術や投薬といった一般的な病院で実施される治療ではなく、テーピングや包帯、湿布などを使用して治療や応急手当を実施します。そんな柔道整復師になるためには専門的な知識や技術が必要とされています。そのため、柔道整復師の養成課程のある大学や短大、専門学校などで三年以上学ぶ必要があります。柔道整復理論以外にもリハビリテーション学や解剖学、運動学といったさまざまな関連科目を学ぶことになり、実技では柔道そのものを実施するケースもあります。そして養成学校を卒業後に国家試験を受験して合格すれば、柔道整復師の資格を取得することができます。そして、就職先としては接骨院や整骨院などが多い傾向にあります。他にもスポーツジムやチームなどのスポーツ関連業界でスポーツトレーナーとして活躍したり、介護施設などの福祉の分野では機能訓練指導員として働くといったケースもあります。更に、教育機関などからも募集が出ることもあるため、実にさまざまなジャンルでの活躍の場が広がっているのです。国家資格という強みもあって、全体的に需要も高まっています。またこういった就職だけでなく、専門的な国家資格を取得しているために独立開業することが可能というメリットもあります。この場合は自分の都合に合わせて働くことも可能ですし、自分なりの得意分野での活躍および生涯現役で働き続けることもできます。現在では、多くの柔道整復師の資格所有者たちが独立開業を目指しています。